'96・9・23

主よ、ご自分の栄光を 最もふさわしくない、私に
示されたのを 感謝します。

あなたは語られました、主よ、でも世の中は 耳を澄ましていません。
あらゆるところに あなたの栄光を くり広げておられますのに、
世は見て信じるのを 拒んでいます。

あとどれだけ 私どもは労苦すればよいのでしょう?
あなたの印を 確かにいただいています、
けれど、世は、自分の魂を破壊しようと 心に決めているのです。

私は 実に口を開いて語った、自分で確かめてみるがよい…しかし世は今日 その造り主を思いにとどめていない、その創造主には心を向かわせない…だがこの世が忠実に欠けていようと 私は忠実にとどまる。 我が霊の力をもって、壊されたものを造り直す。 なんと、三たび聖なる、我が霊によってなされる一切は 私どもの誉れとなろう。 これからも私は恵みを降り注ぎ、この時代の知者や賢者を当惑させる。 我が聖霊の値打ちを十分に知り尽くして 理解する人はいなかった。 我が霊は、常に善い目的で、さまざまに働かれる。 そこで我が聖霊のみ名によって 熱心に祝福しなさい。 我が聖霊と十分一致するように あなたの良心をしっかりと捕らえさせ その行いを我が聖霊に言い表していただくように。 あなたの霊を 我が霊に浸しなさい、そのためには、自分自身に死ななければならない。 謙遜になればなるほど、我が霊はあなたのうちに入りやすくなる。 私たち?  ic

'96・9・27

まさに 私の救いとなった あなたの現存によって 始めて、私は
あなたを所有しようと、わが神よ、み名を呼び求め、
あなたを捕らえようと 身を起こしたのです。
 
そうです、あなたご自身のほか誰が
私の哀れなさまを あわれんだでしょう?

王よ、わが霊魂の見張り役、わが心の封印よ、救いの炎、
私どもの霊魂にとって 頼みの綱、三たび聖なる ラボニ*よ、

これからも私の上に光輝くようにと 懇願し 祈り求めます、
あなたの口もとから学んで 惜しみなく 自分の利益は求めずに
みことばを 伝えていけますように。

*アラマイ語で「主」という意味、ヨハネ書20・16。

私の名によって話すのを 許す。 私が望むように あなたは話そう…最善を尽くしなさい あとは私がする。 あなたの時間を捧げてくれるなら、私は、代わりに、あなたの救いなる、我が宝石を 与えよう。 我が十字架、釘と茨の冠を、賜って。 ほがらかでいるのを願う…私の力があなたの上に永らえるよう、弱いまま 無力でいなさい。 迫害者たちが迫害と侮辱による深傷を負わすとき 私は喜んでいる。 友達の何人かが、告示が出されたために、あなたと同席し 一緒にいるのさえ恥ずかしく感じるのも許しなさい、これを彼らは「慎重さ」と呼ぶであろう…この不公平は、あなたの霊魂を聖化するがゆえ、私は喜んでいる。 来なさい! 私は あなたの友! 嫉妬深い友…そこで私のために 困難を引き受けなさい、鞭をも受け入れるように。 弱いままでいなさい そうするなら私、私は あなたの上に あなたを通して我が力を発揮する…

決して頭を振りあげ 厚かましい態度はとらないように、私の頭が世に見えつづけるよう 頭を下げていなさい。 私、としては、私の名を熱心に証しし、復活したキリストとして宣べ伝えるよう、あなたの霊魂を孜々(しし)として磨く。 卑しめたのは 間違いではなかった、こうして、私のもとに あなたを引き上げた。 我が思いやり、無限の思いやりは 驚くほどではない。 私は、あなたを愛するあまりに いのち亡くした、救い主。 それゆえあなたの社会が あなたを嘲る機会を 私は絶えず探し求めている…ただ見てみよ、あなたと我が心になされた あのあらゆる無礼と、すべての傷を。 我が心は今や その深遠にあなたが忍びこめるよう いっそう大きく開いた…私のように苦しむとは あなたを私に近づけること、私の特性、我が利益に。 私を悦ばせる苦しみは、私のために働く熱意、忠実と意気込みをもたらす。 あなたの言う通り、私は、三たび聖なる、ラボニ そして我が教え子よ、あなたには、言っておく:私があなたに何を望んでいるかを 悟ろうとしなさい。 私は生ける神 そしてあなたを赦し、親密な友となった。 偽りの神々はもう拝まないよう 我が王国に導き入れた。 あなたには分際をこえる仕事を任せ、こうして我が聖霊の力をもって、立ち上げた。 そしてあなたは 我が霊のうちに成長していった。 聖霊のうちに前進して強くなるよう あなたは我が霊のうちに形造られた。 与えた好意を見たであろう? 大胆に話すとするなら、その大胆さは 我が霊による。 その代わり、ヴァシリキ、与えたすべての好意に引き換え、我が意思に従う約束を更新してほしい。 それは自由を増すだけとなろう…

あなたへの誓いを新たにします
わが主よ そしてあなたの聖なるご意思に
私を従わせます わが神よ。

アレルヤ! 
 天から ヤハウェをたたえよ:
 高みで、ヤハウェをたたえよ
 すべての天使よ、ヤハウェをたたえよ。
 万軍よ、みな ヤハウェをたたえよ!

 日と月よ、ヤハウェをたたえよ、
 きらめくすべての星よ、ヤハウェをたたえよ、
 いと高き天の天よ、ヤハウェをたたえよ、

 これらのものにヤハウェのみ名を たたえさせよ。
 ヤハウェが命じると これらは造られたのだ。

 地から ヤハウェをたたえよ、
 地上の王たちと すべての民よ、
 地の君主たちと すべての裁き人よ、
 若者よ、また、乙女らよ*、」
 皆、来て 主をたたえ 聖なるご意思を 行うように。

詩編148を引用。

私の意思を受け入れるなら、我がメッセージをひろめるよう あなたを世界中に送る…語って私のこだまとなり 学んだ以上のことは何も言わないように。 私とあなた、私たち、心と心の会話を 私たちはともに持ちつづけよう。 私を愛しなさい ♡ ic

このブログの更新について

はてなダイアリーの終了のため、このブログはそのまま表示はされるはずですが、更新が今月下旬からできなくなるとのことです。
新しいURLを取りましたが、いつからつづけることができるのかは、未定です。

     ↓
  バルサム2